トップページ   被害者の皆様へ   受任方法   Q&A   送付書類   報道資料  

郵送費がかさむことから,今後のご依頼者への公開されてもかまわない内容についての連絡はHP上でもできる限り行うことができるようにしたいと思います。随時HPをご参照下さい。

公判・期日日程・お知らせなど (最終更新日 2016/03/29)

最新情報


(民事事件)第1次訴訟の判決がでました。株式会社オカモトの監査役であった弁護士を含む被告らには,全グループ合計約1億6540万円及び各遅延損害金についての責任が認められました。事実上の完全勝訴です。詳細については判決を分析中ですのでしばらくお待ち下さい。

(民事事件)第1次判決期日平成28年3月25日(金)13時10分〜 場所:東京地裁806号法廷

★岡本美奈子ら、関係会社の役員らを被告とする民事訴訟(一次訴訟)は、いよいよ、次回に判決が言い渡されることになりました。
 判決期日は、言うまでもありませんが、裁判所が、被告らの責任の有無・損害額について結論を述べる期日です。そこで、弁護団依頼者の方々におかれましては、是非とも上記判決期日を傍聴して頂くようお願いします。

★説明会開催します★

判決期日終了後、弁護団依頼者のための説明会が開催されます。時間は判決期日終了後から、場所は弁護士会館1006号室ABになります。この説明会に出席できるのは、弁護団依頼者の方のみです。出席される弁護団依頼者の方は、必ず本弁護団通信が入っていた.封筒を持参して下さい。

(民事事件)第1次訴訟期日(終結予定) 平成27年9月25日(金) 10:00〜 東京地裁806号法廷

★最初に提訴した役員訴訟の弁論が終結する予定です。お時間を取って頂ける被害者の方はぜひご参加下さい。(平成27年9月5日更新)

(民事事件)説明会 平成27年9月25日(金)10:15〜(予定・1次訴訟の期日が終わり次第,弁護士会館1008号室予定)(平成27年9月17日更新)

(刑事事件)大東上告棄却で判決確定(平成27年9月15日) 。

これにより,大東正博、山脇一晃は以下のとおりいずれも実刑判決が確定し、現在刑務所に服役中です。
(1)大東正博  第1審では、懲役18年の実刑判決でした。高裁に控訴しましたが、平成26年12月17日、控訴は棄却されました。その後最高裁に上告しましたが、平成27年9月15日、上告は棄却され、判決が確定し、刑事事件は終結しました。
(2)山脇一晃  第1審では、懲役5年の実刑判決でした。山脇一晃は、高裁に控訴しましたが、平成27年1月22日、控訴は棄却されました。最高裁に上告しましたが、平成27年3月31日に上告を取り下げたため、判決が確定し、刑事事件は終結しました。

(刑事事件)山脇上告取り下げで判決確定(平成27年3月31日) 。

二次被害についての注意喚起のお知らせ(平成27年2月27日)

岡本倶楽部被害者の元に,「東亜投信」などの名称を名乗る詐欺師から書類が届いているようです。 このような書類はインチキですので,無視して構いません。連絡をすると危険ですから,心配であれば弁護団へご相談下さいますようにお願い致します。

(刑事事件)山脇上告(2/2)。大東も既に上告しておりますので,判決確定は最高裁判決まで伸びたと言うことになります。引きつづき,ご関心をお持ち頂けますようによろしくお願い致します(平成27年2月5日15:26) 。

山脇刑事控訴審判決は控訴棄却(平成27年1月22日14:05) 。

大東刑事控訴審判決は控訴棄却(平成26年12月17日11:02) 。

次回の山脇の刑事控訴審期日は,判決期日となります。平成27年1月21日15:00 東京高裁506号法廷です(2014/09/29更新情報)★

山脇一晃の刑事裁判控訴審,実質審理なしで結審

  9月24日,山脇一晃の刑事裁判控訴審が開かれました。
  山脇一晃は,自分は被害者を騙すつもりはなかったとして,いくつかの証拠の取り調べを申請しました。
  これに対し,裁判所は,いずれも取り調べの必要はないとして却下し,控訴審は1回目の裁判で結審されました。
  なお,被害者に対する被害弁償に関する証拠は,提出されませんでした。

★次回の大東の刑事控訴審の期日は,判決期日となります。言渡は12/17(水)10:00 506号法廷です。2014/09/22更新情報★

なお,山脇の控訴審の期日は平成26年9月24日(水)午前11時からに変更となっています(東京高等裁判所506号法廷)。終了後,現状についての全体説明会が有る予定ですのでご参加下さい(場所は弁護士会の1階の予定)。

★おしらせ 山脇の刑事公判期日に変更があります。8月6日は中止・延期です(2014/7/22)★

第1次民事訴訟の今後の期日予定について(2014/08/01)

一番最初に開始された本件訴訟も佳境に入り,和解期日が2期日設定されることになりました。
平成26年9月16日10時から,同年10月7日11時から,いずれも民事第7部で行われることになりました。
但し,一般の方の傍聴は許されておらず,同日には説明会は行いません。
途中経過については,平成26年9月24日の午前11時30分以降,山脇の変更後の刑事の期日(11時からです)の後に弁護士会5階で報告会を行う予定です。ご参加下さい。

債権者集会の結果(第2報)

破産管財人から皆様にお手紙が届いていると思います。このリンクの手紙がそうです。 (これまで管財人がやってきたことと,配当がないというのが内容です。それ以外のものがきたら,詐欺の可能性が高いです。金銭を請求する内容ではございませんのでご注意下さい)。

民事訴訟と刑事公判,今後の予定(2014/07/22)

★山脇の刑事公判期日に変更があります(2014/7/22)★

・大東,山脇の刑事の法廷の期日は,山脇 平成26年8月6日(水)10時30分から11時30分(平成26年9月24日(水)午前11時から11時30分に変更となりました。),大東 平成26年9月19日(金)10時30分から11時30分

場所はいずれも東京高裁506号法廷となっております。

・8月1日午後2時30分から3時まで,「法廷806」

 民事一次訴訟は尋問が終わりましたが,今後の進行を協議すべく,8月1日に再度弁論期日が開かれることになっています。参加いただける方は,午後2時30分に直接法廷806までお願いします。
※なお,8月1日の弁論準備(又は進行協議)期日は1時30分から指定されておりますが,傍聴の方はこちらには参加できません。

債権者集会の結果(2014/07/02)

結局,配当はございませんでした。詳細はこちら

★二次被害情報★(2014/06/20)

「NPO法人こくみん生活支援協会」を名乗る団体から,岡本倶楽部の被害者各位に対して「無料救済手続」「被害回復分配金申請」「返還請求」などを名目に委任を勧誘するなどの書面が一斉送信された可能性があるとの情報が入りました。
管財業務や当弁護団とは無関係なものですので,詐欺の可能性が高いです。返信や問い合わせをすることは避けるべきと思われますのでご報告いたします。

★尋問日程に変更があります★(2014/06/20)

1 民事訴訟(一次訴訟)-いよいよ当事者尋問へ

関連会社役員らを被告とする民事訴訟(一次訴訟)は,いよいよ終盤を迎え,次回に当事者尋問が行われることになりました。
当事者尋問とは,法廷に被告ら本人が出廷し,双方の弁護士や裁判官から尋問を受ける手続です。
一次訴訟の被告は多数に上るので,尋問は,2日に分けて行われる予定です。予定されている尋問期日と尋問対象者については、弁護団ニュースNo.21をご覧下さい。

6月20日 場所:東京地806号法廷 13時20分から17時 終了しました。傍聴ありがとうございました。
6月30日 場所:東京地606号法廷 11時20分から12時及び13時10分から17時  変更

を予定ししています。
これまでの裁判は,弁護士が書面を提出することが中心に展開してきましたが,当事者尋問手続では,被告ら本人が法廷で事件について供述します。事件の当事者である被告らの肉声を聞く貴重な機会であるといえます。そこで,弁護団依頼者の方々におかれましては,是非とも上記尋問を傍聴して下さるよう呼びかけます。
 なお,被告によっては,呼び出しに応ぜず,尋問当日欠席する者がいる可能性はあります。

2 刑事裁判

一審東京地裁で実刑判決を受けた大東,山脇らは,東京高裁に控訴をしています。今般,控訴審の裁判が行われる日がようやく以下のように決まりました。

山脇 平成26年8月6日(水)10時30分から11時30分
大東 平成26年9月19日(金)10時30分から11時30分


場所はいずれも東京高裁506号法廷になります。
刑事事件の高裁の審理は,1回の裁判で終了することがめずらしくありません。最高裁では法廷が開かれないことが多いことを考えると,大東,山脇が出廷する姿を見るのは,上記の裁判が最後になる可能性もあります。岡本倶楽部事件の首謀者らが法の裁きを受けるのを最後まで見届けるためにも皆さんの傍聴を期待します。

3 債権者集会が予定されています

(1)オー・エム・シ-の次回の債権者集会は,平成26年7月2日(水)午後1時30分より予定されています。


場所は,東京家庭裁判所の建物の5階の債権者集会室です(東京地方判所の建物とは別の建物ですのでご注意下さい)。
管財人は,国に対して訴訟を起こして,数千万円の消費税の課税処分を取り消させるなどの一定の成果を上げているようです。しかし,当初期待されたホテルの売却は思うように進まず,売却できた物件も極めて廉価な価格となっています。現時点でも売却できない物件については,財団から放棄することも検討されているとのことです。このように財団の形成は進んでおらず,税金の支払いを考慮すると,現時点では被害者への配当はない見込みのようです。このような厳しい状況だからこそ,多くの弁護団依頼者の方に債権者集会に出席して頂いて,被害者の思いが裁判所と管財人に伝わるようにしていきたいところです。

(2)債権者集会終了後,弁護団依頼者のための説明会が開催されます。時間は14時00分(債権者集会終了が遅れた場合にはその時刻)から,場所は弁護士会館508号室ABCになります。

この説明会に出席できるのは,弁護団依頼者の方のみです。出席される弁護団依頼者の方は弁護団通信に書かれた依頼者を証明できるものをご持参して出席して下さい。


2014/02

今後の日程は以下の通りです。
2月10日(月) 14:30〜 損害賠償請求事件 東京地方裁判所806号法廷 2月10日(月) 14:45〜 期日後説明会 当日ご案内します(委任者のみ) 3月12日(水) 11:00〜 (株)オー・エム・シー債権者集会 東京家簡裁判所 債権者等集会場1 3月12日(水) 12:45〜(予定) 債権者集会後説明会 TKP虎の門カンファレンスルーム3B(予定)第一弁護士会講堂(委任者のみ) ※急な変更等もございますので、事務局に問い合わせ下さい。

2013/06/27

本日、東京地方裁判所刑事第1部において、山脇一晃について、組織犯罪処罰法違反での懲役5年の判決がありました。
当弁護団は、以下の声明文を発表しました。
 
                   全国岡本倶楽部被害対策弁護団声明

                                                    2013年6月27日
                                           全国岡本倶楽部被害対策弁護団
                                                     団長 青木 秀樹

 26日、東京地裁刑事1部(若園敦雄裁判長)において、オー・エム・シーの元代表取締役であり,被告人大東正博に次ぐナンバー2の地位にあった被告人山脇一晃に対する判決の言い渡しがあった。

 判決は、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪を認め、被告人山脇を懲役5年(未決勾留日数350日算入)(求刑懲役10年)とした。

 判決が、詐欺の故意や共謀を認め、被告人大東に続いて、被告人山脇についても組織的詐欺を認めた点は評価できる。

 し かし、被害者の視点からすると、懲役5年という求刑の半分でしかない量刑は軽きに失するといわざるを得ない。

 被告人山脇は、勧誘チームを編成し売上げ成績を競わせるなど巧みな営業手法を導入し、これにより被害は急拡大し、起訴対象被害だけでも被害者数194名、被害総額約5億円、全体では被害者約7800人、被害総額約258億円という未曾有の詐欺被害がもたらされたのである。

 また、被告人山脇は対価として総額5億円以上の報酬を取得している。

 それにもかかわらず、被告人山脇は、刑事裁判を通じて被害弁償を全くしようとせず、当弁護団が獲得した損害賠償を命じる民事判決に対しても無視する態度を取っている 。

 このような事情に鑑みると、当弁護団は判決の量刑は不当であると考える。

 よって、検察当局には控訴を求めると共に、被告人山脇の側には、速やかに最大限の被害弁償を行うことを促したい。

                                                            以上


2013/05/30

本日、東京地方裁判所刑事第1部において、大東正博について、組織犯罪処罰法違反での懲役18年の判決がありました。
当弁護団は、以下の声明文を発表しました。
 

                   全国岡本倶楽部被害対策弁護団声明

                                                    2013年5月30日
                                           全国岡本倶楽部被害対策弁護団
                                                     団長 青木 秀樹

 本日、東京地方裁判所刑事第1部において、岡本倶楽部グループの中核会社であった破産会社株式会社オー・エム・シーの実質的オーナーの被告人大東正博について組織犯罪処罰法違反での懲役18年の判決があった。

 同判決は、預託金等と銘打って、組織的に詐欺行為を行い集金をしていた株式会社オー・エム・シーについて、被告人を頂点とする指揮命令に基づいて同社が動いていたことを認定したものであり、一定の指揮命令系統を明らかにし、被告人の責任を明確にした点については正義の実現がなされたと評価できるものである。共犯者である株式会社オー・エム・シー元代表取締役の被告人山脇一晃についての刑事判決も来月に控えている。

 しかしながら、上記刑事裁判では、被害金額については合計4億円余りについてのみ起訴されたものであるところ、上記破産手続中の株式会社オー・エム・シーの資産については既に手続前から上記被告人大東正博らにより流出され、被害者ら約7800人、被害総額約258億円(内預託金213億円)に返金できる配当はほぼ見込めない状況で、被害の回復は全く果たされていない。

 当弁護団は、上記被害者のうち、675名(被害総額約23億3000万余り)から依頼を受けて活動しているものであるが、上記破産手続きにおける債権届提出等の代理だけでなく、関連会社の役員に対する訴訟、個別の営業員らに対する訴訟を通じて独自に真相の解明・被害回復に努めており、既に被告人大東正博への判決をはじめとして役員らに対する損害賠償請求事件において勝訴判決を得る等被害回復の端緒を得て、その実現に苦心しているところである。

 本件は主に高齢者の被害が著しく、その老後の大切な財産を喪失させた点で厳しく断罪されるべきものである。今後も当弁護団は、役員・営業員ら等関与者への追及の手を緩めることなく被害回復に努める所存である。

 なお、本件に付随して、被害者の高齢者のリストが流出するなどして、返金詐欺、投資詐欺、あるいは振り込め詐欺まがいの行為などが行われ、二次被害が発生しているとの報告を受けている。
弁護団への加入の有無に関わらず、被害者には改めて注意喚起をお願いしたい。

                                                            以上


2012/10/26

大東正博に懲役20年求刑

10月23日、大東正博の刑事裁判の公判が開かれ、検察側の論告が行われました。
検察側は、「指揮命令系統の頂点に君臨していた被告人は共犯者中もっとも刑責が重い。
私的流用した額は約36億円に上り利欲的動機は極めて強い。
高齢者が多くを占める被害者らの被害額は100万円から数千万円と高額であり、
被害者らは厳罰を希望している」等と厳しく批判し、
大東正博に懲役20年を求刑しました。


2012/10/15

山脇一晃に懲役10年求刑

10月11日、山脇一晃の刑事裁判の公判が開かれ、検察側の論告が行われました。
検察側は、「営業のトップとして大東に次いで多額のコミッションをもらった。
総額21億円の被害を発生させたにもかかわらず反省の色もない」と厳しく批判し、
山脇一晃に懲役10年を求刑しました。


2012/08/01

(2012年)8月3日午前10時より大東正博ほか役員らに対する民事裁判の第10回口頭弁論期日が行われます。
場所は東京地裁103号法廷です。
今回も弁護団依頼者の皆さんへ傍聴を呼びかけます。

(※2011/03/23 弁護団参加登録は債権届けが平成23年2月末日をもって締め切られましたので、これまでと同じ内容でのご登録はできません。もっとも、今後弁護団への参加をされたいという方については時期などとの関係から個別に登録の可否についてご相談に応じますので 、まずは事務局までご連絡下さい。)

2011/11/28

11月29日、12月13日の刑事法廷は中止になりましたのでご連絡します。傍聴予定の方はご注意下さい。

2011/11/12

11月10日に大東正博の第1回の公判がありました。
(静岡新聞記事)岡本倶楽部の実質的オーナー、無罪主張(2011/11/11) ※47NEWSサイト。全文は掲載期限切れ。

2011/05/13

■2次被害にご注意下さい。
 昨年の11月頃から岡本倶楽部の被害者の名簿を使って、2次被害を思わせるような電話が頻繁にかかってきております。いずれも、未公開株や社債、今後の回収などを名目にした詐欺商法ですので甘い言葉に惑わされないようご注意ください。
 下記、金融庁のHPに「未公開株」等を使った商法の手口が詳しく書かれています。
http://www.fsa.go.jp/common/about/pamphlet/mikoukaikabu.pdf

業者名・勧誘文言の代表的なものを以下に掲載いたしますので、十分にご注意ください。
※実在の会社や実在の弁護士をかたる場合もあります。そのため、上記の例示には実在の会社も含まれています。この点、御注意下さい。
被害予防のための注意喚起を行っております。

<業者名>
・関西アーサージャパン ・阪経インタートレード ・幸進 ・スター証券
・タイセイプランニング ・タイセーコンサルタント ・中京データ 
・日本トータルサポート ・野村証券 ・東日本サポート ・フジコウ ・明宝
・プレジャーファクトリー ・明和商事 ・名古屋ライフ企画 ・新日本スタンレー
・日本再生機構 ・コンフォートビジネスジャパン

<勧誘文言>
「岡本倶楽部のオーナーの隠し財産が40億みつかった。証書と引き換えに7割お金を現金で返します。先着200名なのでお急ぎ下さい。手続きは公証役場で行ないますので安心です。」
「○○証券です。○○会社の未公開株のパンフレットは選ばれた人しか送られてきません。あなたの名前が送られてくるリストに載っています。お手元に届いたら御一報下さい。謝礼をお支払いします。」

等、様々な手法で電話がかかってきております。中には、弁護団の弁護士名や管財人の弁護士の名前を使ってかけてくる場合もあります。
岡本倶楽部の証書を買い取る・返金するというような話がきた場合は、確認の意味合いも含め、まずは弁護団事務局(03−3261−8330)にご一報ください。

2011/04/26

【御注意】今月29日午後1時から熱海ニューフジヤホテルで大東正博の隠し財産を分けるなどという説明会があるという勧誘が多数なされているようです。
この種の呼びかけにまともに応じない様にして下さい。
二次被害のおそれがあります。 また、ゴールデンウィークを控え、同種の勧誘が複数なされる危険があります。何か有利な取引を示されて、どうしても判断がつかない、本当ではないかと悩む場合には返事を急がず、担当弁護士、あるいは当弁護団の事務局にご連絡下さい。弁護士に相談する時間を与えずに返事を急がせるものは詐欺であると考えてよいと思われます。くれぐれも御注意下さい。

2011/03/14

3/15に予定されていた債権者集会は、震災による影響で日比谷公会堂が使用不能となったため、会場が東京家庭・東京地方・東京簡易裁判所合同庁舎内5階に変更となりましたのでお知らせします。

2011/02/09

本日、東京の司法記者クラブにおいて、昨日、一昨日の大東正博らの逮捕についての弁護団声明を発表しました。

2011/01/20

明日から弁護団に所属する以外の各債権者のところへ管財人から書面が届くと思われますが、弁護団事務局では皆様の分の債権届けその他の報告書を一式既に受け取っておりますのでご安心ください。
情報提供も合わせて各担当弁護士から依頼者の方々へ順次債権届けに関する連絡がされておりますので、弁護団に委任された方で、まだ担当弁護士から連絡が来ていない方はしばらくお待ちいただきますように御願いします。


2011/01/14

弁護団ニュースNo.2を発送しました。第1次訴訟の期日や債権者集会、依頼者向けの説明会などについての記載がありますのでよくご覧の上、出席する方は可能であれば担当弁護士にご一報下さいますように御願いします。


2010/11/18


東京地方裁判所に岡本倶楽部関連会社及び同社役員らの責任を問う、個別訴訟を提起しました。詳細は弁護団ニュースにて報告する予定です。


2010/11/15

【注意喚起】債権買い取り業者に注意
 近時、同時多発的に電話等で被害者に対して、オー・エム・シーに対する債権を額面の80%など一定の額で買い取る、などの持ちかけをしている業者がいるようです。
 一般的に、高額での不良債権買い取り話を持ちかけておいて、後で別の人物や業者がその条件として別名目での金銭の入金を迫るなどの詐欺は大変多いです。
 本件でも、そもそも還付率がわからないのに高額で買い取るという話もおかしい話ですので、十分注意して、怪しい話については弁護団に確認してみるとして担当弁護士か事務局へご連絡下さい。


2010/11/02

弁護団ニュースの第1号を発行しました。


2010/09/21

 8月末日を経過しましたので、個別の依頼者には担当が割り振られました。
 ご連絡が近日中に行く予定です。
 今後の個別の訴訟などのためにご協力をお願いすることもございますので、連絡が行った場合にはお話のための若干の時間をとっていただけますようによろしくお願いいたします。
 しかしながら、まだ本日現在依頼者総数は700人に達しない程度であり、被害者の総数からするとかなりの数の方が未だ依頼を迷われているようです。
 したがって、本弁護団においては当面募集は締め切らない予定です。すなわち、現状においては当初に依頼した方とこれから依頼する方とは回収金員の分配割合について異なることはありません。
 もっとも、今後の適宜の時期には段階的に差をつけることは予定されておりますので、もし気にされている方がいれば早期にご検討いただけますようにお願いします。


2010/06/16

第二東京弁護士会ひまわり | 臨時無料相談「岡本倶楽部(岡本ホテル)被害110番・被害者説明会」のお知らせ

臨時無料相談「岡本倶楽部(岡本ホテル)被害110番・被害者説明会」のお知らせ

 警視庁が2010年5月26日に出資法違反の容疑で強制捜査を行った「岡本倶楽部事件」について(被害者5000人以上、被害額は200億円を超えると報道されています。)、第二東京弁護士会、東京弁護士会、第一東京弁護士会の東京三会が共同して、下記の110番(被害者電話相談)及び被害者説明会を開催することにしました。
 被害者の方でご相談になりたい方は、この機会に、ぜひご相談ください。

被害者説明会の日時、場所等

【日  時】
 2010年6月16日(水)午後7時30分〜午後8時30分
 (受付:午後7時から)
【場  所】
 弁護士会館2階講堂クレオ
 〈住所〉東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館2階
【相談対象】
 岡本倶楽部の被害者
【交通アクセス】
 ・東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」
  B1-b出口より直通
 ・東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口より徒歩8分
 ・都営三田線「日比谷駅」から日比谷公園を通り徒歩8分
【参加料】
 無料
【主  催】
 東京弁護士会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会
【お問い合わせ】
 第二東京弁護士会 人権課
 TEL:03-3581-2257

 説明会当日は、報道機関により取材が行われた場合、撮影された映像・画像は、新聞等の各種媒体において利用されることが予想されますが、報道機関に対しては、個人が特定できるような撮影はしないよう依頼をしております。

受任方法

被害者の皆様へ

受任方法のご説明

よくあるご質問(Q&A)

・送付書類



弁護団事務局

 〒102-0083
 東京都千代田区麹町4丁目7番地 麹町パークサイドビル3階
 リンク総合法律事務所内 全国岡本倶楽部被害対策弁護団
                (住所が変更になりました。)
  電話  03−3261−8330(代)
      
  電話受け付け 平日11:00〜16:00(土日祝日は休みです)
  なお、12月29日から1月6日まではお休みをいただきます。



■「情報提供」を歓迎します。 販売マニュアル、幹部の発言ビデオや録音テープなどの重要な証拠、隠し資産などの情報があれば、ぜひ弁護団宛てにお送りくだされば幸いです。



※ホームページに、もっと情報をという声もありますが、ホームページは、その性質上、相手方も閲覧可能なものですので、サイト上に公開する情報は、裁判所折衝や警察折衝のような最前線の情報の掲載は、当然できません。サイト上の情報は、相手方にも告知可能な最低限の情報となりますので、ご了解ください。